赤ちゃんを産んでも体重が減らないことについて考えてみた

こんにちは!KIKIです。

先日二人目を無事出産してきました。妊娠中、体重は14キロ増えて、出産した当日には4キロ減っていました。

出産時の赤ちゃんは3キロ、羊水や胎盤、その他分泌物を考えると5キロは減っていてくれていいいと思っていましたが、実際は4キロ。。。これしか減っていないのか!と衝撃をうけました。

ということで、私の今回の0歳児の育児は、産前の体重からは10キロ増ではじまりました。

5か月後には仕事にも復帰する予定もあり、また、早めにフットサルやゴルフにも復帰したいと思っていますが、このままの体重では動けないし、持っている服も着られず、とても焦っています。

また、混合ではありますが、母乳をあげています。母乳育児をするとどんなに食べても太らずやせていくという人がいますが、私は産後1か月たってもうまく減りません。どうしたものかと悩んでいます。

そこで今回は産後の体重の減少についてまとめてみようと思います。

目次

産後の理想的な減りかたについて

出産時には赤ちゃんが3キロ前後、羊水、胎盤等で、平均4~5キロ減ります。

その後退院までの1週間程度の間に、蓄えた水分などが減少し、さらに1~2キロ減って、合計平均5~6キロ減ります。

その後は、妊娠中の体重増加によりますが、産後1か月はあまり努力しなくても水分や蓄えた脂肪が減少し体重はストンと減少する場合が多いです。

そして産後2か月~6か月は、努力した人とそうでない人との差が顕著に表れる時期で努力が結果に表れやすく、

KIKI
KIKI

産後ダイエットのゴールデンタイム

と言われています。まだまだ減りやすい時期なので、ここで元の体重に戻しておくのが、後々苦労しないことになります。

産後一ヶ月でほとんど体重が、減らなかったことについて

私は産後1か月たちますが、この1か月で1キロしか減らすことはできませんでした。努力せずとも体重が減るはずのこの期間に。。。涙

KIKI
KIKI

原因は食べすぎと思われます。。。。

というのも妊娠後期の妊娠9か月~10か月は後期つわりに悩まされ、常に胸やけや胃もたれで食べものをおいしく食べることができませんでした。しかし、出産した瞬間にその胸やけや胃もたれからは解放され、食べるものがおいしくてしかたありませんでした。

母乳育児の為、きちんと栄養をとらなくてはならない!と思っていたこともあって、明らかに食べすぎの状態になりうまく体重が減らなかったものと思われます。

しかし、色々な人の産後の体重の体験談を調べてみると、「いくら食べても、どんどん減っていった」や「動くようになると意識せずともだんだん減っていく」などがあったり、

「母乳育児なのに、全然減らなかった」「減ったけど体形が崩れたままだった」などというものもあり、いろいろなパターンがありました。

産後体重が減る人と減らない人との違い

産後数か月で、ガンガン体重が減る人とあまり減らない人がいることがわかりましたが、その違いについて考えてみようと思います。

産後の体重が、減る人の傾向

◎母乳育児

母乳は母親の血液から作られます。その母乳を作るのには、エネルギーが消費されます。それが、摂取エネルギーを超え、その分体重が減っていきます。(しかしそのエネルギー消費以上に食べてしまうと減らないですね。)

◎元が太りにくい体質
妊娠中は赤ちゃんを守るため(妊娠を継続させるため)に、身体の水分量が増えたり、脂肪を蓄えたりするため、体重も増えます。

産後はその蓄えようとする力がなくなるので、もともと太りにくい(脂肪が付きにくい)人はその状態にもどるため、体重が落ちやすくなります。

 

◎甲状腺疾患
産後、なにもせずとも異常にどんどん痩せていく人は、甲状腺の病気の可能性があります。その場合、体重が減ってしまう以外にも、だるいなどの体調不良も出てしまうことがあります。心臓にも負担をかける場合があるので、気になる方ははやめに受診をしたほうがいいです。

産後体重が減らない人の傾向

◎妊娠中、体重が増加しすぎた
妊娠期間中の理想の体重増加は7kg~12kgと言われています。それ以上に増えてしまったものは、過剰に増えてしまった脂肪と考えていいので、産後その脂肪は落ちにくく、産後体重が減らない原因となります。
妊娠中の体重増加についてまとめた記事もありますので、参考にされてください。

 

◎育児ストレスなどによる過食、食べすぎ

産後は休む暇なく、昼夜問わずノンストップで赤ちゃんの育児がはじまります。座ってゆっくりごはんを食べることもできないくらいの人もいるでしょう。また、初めての育児の場合など不安が多く、ストレスもたまってきます。
そんな中、合間におやつをたべてしまったり、ごはんを早食いしたり、たくさん食べてしまったりしやすくなります。その結果産後体重が減らなかったり、逆に増えてしまったりする場合もあります。
外に散歩に行ったり、友達とガールズトークしたり、好きなことをやれる時間をすこしでも作って、ストレスを発散できるようにしたいですね。

 

◎骨盤矯正ができていない

出産で、骨盤は広がります。徐々に戻っていきますが、戻る前に内臓が下に落ちてしまうと、腰回りやお尻が大きくなってしまい、ぜい肉が落ちにくくなると言われています。そのため産後早めから、骨盤ベルトを使って骨盤矯正をしたり、産褥体操で腰回りの運動をするといいです。産後の整体なども効果があると言われています。

 

◎筋力の低下

妊娠中は思った以上に、筋力が低下しています。お腹の筋肉もそうですが、妊娠前よりも動いていないので、太ももなどの大きな筋肉も落ちてしまっていることが多いです。そのため基礎代謝も落ちているため、消費エネルギーが少なくなってしまっているため体重が落ちにくくなっています。産後動けるようになったら、少しずつ歩いたり、運動をして筋力をとりもどしていきたいところです。
最後に

私の場合、体重が減らない人の傾向に当てはまることが多いではありませんか!

これは減らないわけだ!

ということで、

これからやれることは、

・育児のストレスを溜めすぎないように、周りに協力してもらう

・自分のやりたい事をする時間を作る

・筋力アップのための運動をはじめる

・母乳育児を可能な範囲でがんばる

これを実行して産後ダイエットのゴールデンタイムになるべく体重を減らしたいと思います!

追記(産後5ヶ月現在)

体重の減りやすい「産後のゴールデンタイム」もあと1ヶ月となりましたが、あれから急激には減らなかったもののの、さらに食べるものに気を付けたりして2キロは減りました。元の体重になるまでにはあと7kg。。。。(あー果てしない)

なかなかうまくいかないですね。でもあきらめずがんばります!

 

KIKI



よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

名前:KIKI

■概要
少年(たまに少女)の心を持った40代歳女性。
1歳と4歳の姉妹の育児中。
数々の転職をしながら現在は、テレビ関連の企画部署にてワーママ奮闘中。
家庭も仕事も遊びも全部満喫したい欲張りおばちゃん。
詳しくはこちら

目次
閉じる