妊娠、出産すると女性は自分時間がなくなるのか【いや、ありますよ!】という話

こんにちは!KIKIです。

私は結婚が36歳とおそく、夫が年上だったこともあり、子どもをなるべく早くに作りたいという思いで迷うことはありませんでした。ただ、周りのアクティブな友達や知り合いをみると、自分の趣味ややりたいことができなくなってしまうので、子どもを産むことや妊娠することをためらってしまう人達がいることに気が付きました。

実際自称アクティブ女子(おばちゃん)の私が妊娠出産育児でやりたいことがどのくらいやれなくなってどんな生活になったのかをまとめたいと思います。

かなり個人的な見解ですが、お付き合いいただけると嬉しいです。

目次

妊娠出産を迷う女性たちの意見

妊娠や出産をすることについての周りから聞いた不安や自分が思ったマイナス面をあげます。

・趣味ができなくなる(ゴルフなどのスポーツ、みんなで集まって練習するものなど)
・お酒が飲めなくなる
・一人の時間がなくなる
・気軽に旅行にいけなくなる
・仕事が自由にできなくなる(出世に影響がでる)
・子どもを育てるという責任が大きくのしかかる
・妊娠のつらさや出産の痛みに耐えられない
・旦那との時間がなくなる

私生活が充実していて毎日いろんなことを楽しんでいる女性はこう思う傾向が強いように思います。

私は20代~30代前半まで、やりたいスポーツもして、旅行もたくさんしてきました。思い切りやったので、36歳で結婚したときには、妊娠出産でいろいろな事ができなくなっても仕方ないかなと思えたように感じています。

実際に妊娠・出産してどうなったか

ここからは2度の妊娠と出産を経験して、実際どのくらい自分の時間がなくなり、どのくらい遊べなくなりどう感じたのかを中心にみていきます。

妊娠期間に自分の時間を楽しめるかどうか

スポーツができなくなったり、お酒を飲めなくなったりはします。でも、仕事もできるし、人とご飯を食べに行くこともできます、体調がよければ旅行なども楽しめます。

ただ、つわりなどの妊娠によるマイナートラブルがきついと大変です。私も2度ともつわりがきつかったので、その時期は生きてるだけで精一杯でした。。。汗

なので、妊娠期間自由に楽しめるかどうかは、体調次第といっていいかと思います。多くの人は安定期にはいりつわりが落ち着けばいろいろ楽しめますよ!

さらに、お腹の中で小さい命が育っていくっていうのはなんとも神秘的ですごいことで、そんな素敵な体験もできちゃいますよ!

出産後に自分の時間を楽しめるかどうか

産まれた直後3ヶ月くらいまでは、ほとんど外に出られないか、出ても赤ちゃんとは離れられない毎日になります。でも、子どもとの接し方や子どもの性格によって期間は違いますが、だんだんと人に預けたりして、一人で外出したり、自分の時間を作ることができるようになってきます。

我が家の場合は下の子は5ヶ月から、上の子は9ヶ月から保育園に預けています。保育園に預けているときは仕事に行きますし、ランチも楽しめます。

また仕事をせず家にいるときも、夫や祖父母に協力を得て自分の時間を確保することもできますし、子どもを寝かせたあとに一人でやれる時間も作れます。

私の場合は、産後2ヶ月の時にフットサルを、5ヶ月のときにゴルフをしましたが、うまく動けないなりに楽しむこともできました!

産後の回復は人によってだいぶ違うので、くれぐらも気を付けてやってくださいね!

自分の体調、やる気次第でどうにでもなる!が私の結論です。

最後に

人それぞれ考え方や環境が違うので、子どもがいることが絶対にいい!とは言えませんが、子どもいつかほしいけど、やりたいことがやれなくなってしまうから、今はいらない。と思っている女性がいたら私は言いたいです。

妊娠率を考えるとやっぱり若いうちに産んだ方がいいです。高齢出産にもいいところはありますが、やっぱり若いうちに産んでおくほうがいいと思います。以前の記事も参考にされてください。

高齢出産のデメリット【やっぱりできるだけ若いうち産むべき理由】を考えた

高齢出産のメリット(若返る?長生き?頭のいい子になる?)を考えた

個人的には産んでからでも楽しいことはたくさんできますよー!むしろ幅が広がってもっと楽しくなりますよーって思います。

KIKI

 

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

名前:KIKI

■概要
少年(たまに少女)の心を持った40代歳女性。
1歳と4歳の姉妹の育児中。
数々の転職をしながら現在は、テレビ関連の企画部署にてワーママ奮闘中。
家庭も仕事も遊びも全部満喫したい欲張りおばちゃん。
詳しくはこちら

目次
閉じる