Googleアドセンス広告の表示場所のカスタマイズ方法【Cocoon】【WordPress】【初心者向け】

自分のブログのアドセンス広告の貼ってる位置ってこれでいいのかな?もっと変えたいなと思っている方いませんか?

私は最初に設定したままあまり考えず突き進んできてしまいましたが、「もう少し記事内のアドセンス広告を増やしたほうがいいよー」というアドバイスをいただいたことをきっかけに、設定を見直してみました。

そのやり方を、記録しておきます。同じような思いになった方の参考になるとうれしいです。

目次

Cocoonでアドセンス広告をだす場所を設定

WordPressでテーマ「Cocoon」を使っている場合は、とても簡単にアドセンス広告を出す場所を設定することができます。さっそく見ていきましょう!

前提として、アドセンス広告の申請は通過している必要があります。

設定画面はここのみです!WordpressダッシュボードのCocoon設定⇒「広告」タブ⇒「アドセンス広告」です。

GoogleAdSenceから広告コードを取得(確認)する

まずは、広告コードを設定します。広告コードはGoogleAdsenceサイトから取得します。

複数ブログやサイトを運営している場合は複数別の広告コード(別UNIT名にする)を設定することもできます。

GoogleAdSence画面のメニューの広告の「サマリー」から「広告ユニットごと」タブを選びます。

ディズプレイ広告を選びます。(これが一般的な広告のようなので初心者はこれOKです)

次に広告ユニットの名前を入れます。自分のわかりやすいものにしてもらえればなんでもOKです。さらに広告の形はひとまず「スクエア」で進んでください。広告サイズはスマホも対応したいので「レスポンシブ」を選び、作成します。

コードが出てきます。これをCocoonの設定画面に張り付けるのでコードをコピーを押しておきます。のちのち編集してつかうこともあるので、「完了」ボタンをおして保存しておくといいです。

下記のように保存されているので、再度コードが取得したいときは<>ボタンで表示されます。

Cocoon設定を行う

コピーしたコードをCocoon設定に貼り付けます。WordPressのダッシュボードの「Cocoon設定」⇒「広告」タブの「アドセンス設定」の「広告コード」にはります。

次にアドセンス広告の貼る場所の設定です。入れたいところにチェックをします。簡単にできちゃいますね。いろいろためして、どう表示されているか確認してみてください!

手動でアドセンス広告を貼る方法

Cocoon設定でサイトの各ページへのアドセンス広告はることができますがすべてのページ同じ設定になります。記事が長ーくなったときなど、もう少し追加でアドセンス広告をはりたいと思うときがでてきます。

そんなときはショートコードが用意されています。

手動でアドセンス広告をはるショートコード

使い方は簡単です。クラシックエディタにして、 と入力するだけです。

特定のページのアドセンス広告だけ貼らないようにする方法

TOPページなどの固定ページや、特定の記事にアドセンス広告を貼りたくない場合も簡単に設定することができます。

先ほどと同じ設定画面(Cocoon設定⇒「広告」タブ)の下段「広告除外設定」の除外記事IDを設定することができます。記事IDは、「ダッシュボード」⇒「投稿一覧」から該当する記事の編集画面を開いたときのURL中のpost=○○○○(数字4桁)の数字部分になります。複数ある場合はカンマ区切りで並べて入力します。

また、カテゴリーごとに除外することもできます。除外したいカテゴリーをチェックをいれればOKです。

最後に

アドセンス広告は、どこに置くか、何か所置くかで結果が変わってくるようです。私も記事の内容ばかり気にしていて、うっかりしていました。またいろいろ試して、やってみたいと思います。

ちなみに【初心者向け】GoogleアドセンスでどのページがクリックされたかをGoogleアナリティクスで確認する方法を説明します こちらも参考にされてください。

KIKI

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

名前:KIKI

■概要
少年(たまに少女)の心を持った40代歳女性。
1歳と4歳の姉妹の育児中。
数々の転職をしながら現在は、テレビ関連の企画部署にてワーママ奮闘中。
家庭も仕事も遊びも全部満喫したい欲張りおばちゃん。
詳しくはこちら

目次
閉じる