産後の正中線(お腹の一本の縦の線)について考えた

こんにちは!KIKIです。

二人目を出産して、一ケ月ちょっと経ちますが、妊娠中にできたお腹の真ん中の黒い縦の線が消えません。
ちょっと気になったので、まとめてみたいと思います。

目次

正中線とは

妊娠して、お腹が大きくなってくると、お腹の真ん中に縦に茶色が黒色の線ができることがあります。

これを正中線といいます。(妊娠線ではないです)

正中線は、妊娠中もしくは産後に気がつくことが多いですが、妊娠したからできるというものではなく産まれたときから持っているものです。

妊娠中に増加する「プロゲステロン」の影響で、メラニン色素が増えることで、シミが増えたり、乳首や脇が黒ずんだりしますが、同じ原理で正中線も黒ずんでしまいます。

その為妊娠してから、正中線が黒く太く目立っていきます。さらに、産後すぐはお腹が凹むためより一層濃く見えます。広がったおへそのくぼみももとに戻るので、おへその中まで黒っぽくなったりします。

私も産後ばっちり正中線が目立っています。おへその中も黒ずんでいて、お腹を見せるのに抵抗があります。(見せる機会はありませんが。。。。)

正中線のできる人できない人

正中線は生まれつき哺乳類が持つものですが、妊娠して、正中線がくっきり目立ってしまう人と、そうでない人がいます。

KIKI
KIKI

えっ?目立たない人もいるの??うらやましい!

そこで、正中線が目立たない人の特徴をあげます。

日焼けしても赤くなり黒くなりづらい人

正中線が目立ってくるのは、妊娠によるホルモンの影響で、メラニン色素が生成されてしまうからです。

太陽を浴びても赤くなり黒くなりづらい人は、もともとメラニン色素を多く生成しないタイプであり、妊娠中でも同じことが言えます。

私は日焼けするとすぐに黒くなるタイプなので、妊娠中にメラニン色素がたくさん生成され、正中線が目立ってしまったということですね。(涙)

肌の代謝が良好な人

肌の代謝のいい人は、肌が生まれ変わる周期「肌のターンオーバー」が理想的な周期で起こります。

こういった人は、妊娠のホルモンの影響によってメラニン色素が増えても、きちんと肌が生まれ変わっていくため、沈着しずらく、正中線が目立ちません。

それには健康的な睡眠、食生活が大事になります。

また、年齢が進むと細胞の働きが鈍くなり、肌のターンオーバーが遅くなっていきます。そのため正中線が出やすくなってきます。

高齢出産はこういったところにも影響がでるのですね。。。。涙

正中線は消えるのか

妊娠線は、完全に消えるのが難しいと言われていますが?正中線はどうでしょうか。

正中線は、妊娠中のホルモンの影響でメラニン色素が分泌されて目立つようになるもののため、産後はその影響が少なくなり、徐々に消えていきます。

一般的には産後3ヶ月にはかなり薄くなり、半年〜一年で消えます。人によっては少し残ってしまう人もいますが、そういう人でもだいぶ目立たなくなっていきます。

あまり心配する必要はなさそうです。(ほっ)

最後に

妊娠線は妊娠中のケアでかなり防げるようですが、正中線はホルモンの影響ででてしまうため、予防するのがなかなか難しいです。私も一人目二人目、もれなくできていますが、一人目はいつの間にか消えていましたし、二人目も現在産後1か月と少し経ちますが、少ーしずつ薄くなってきています。

産後すぐはぎょっとするくらいなものだったので心配しましたが・・・。

濃さや幅や消える時期など、個人差が大きい正中線ですが、正中線沿いに産毛が生える人もいるようで、黒い線に産毛が生えて「ファスナーかっ」と思った人もいるようですね(笑)

また正中線で赤ちゃんの性別がわかるという話もあるようですが、医学的根拠はなさそうです。

占い的にやってみるのはおもしろいかもしれません。

私もみなさんも無事に正中線が消えるのを待ちましょう!

KIKI

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

名前:KIKI

■概要
少年(たまに少女)の心を持った40代歳女性。
1歳と4歳の姉妹の育児中。
数々の転職をしながら現在は、テレビ関連の企画部署にてワーママ奮闘中。
家庭も仕事も遊びも全部満喫したい欲張りおばちゃん。
詳しくはこちら

目次
閉じる