【初心者向け】WordPress親テーマから子テーマにphpファイルをコピーする(wpxクラウド使用)

こんにちは!KIKIです。

WordPressとWpxクラウドを使っているど初心者です。ブログの記事を書くようになって、記事の公開日だけでなく、更新日もいれたいと思うようになりました。
googleで調べると、function.phpとsingle.phpにコードを書きいれるとできるということがわかりました。
phpファイルに初心者がコードを変えるには子テーマのファイルを書き換える必要があります。そうしないとテーマがバージョンアップされたときに、書き換えた内容が消えてしまうからです。

そこで、子テーマのfunction.phpとsingle.phpを書き換えるぞ!と思ってWordpress管理画面をみてみたら、子テーマにfunction.phpはあるけど、single.phpがない。一体どうすれば。。。と結構ググりました。

すると解決策があったので、忘れないようにまとめておこうと思います。

目次

FTPソフト(ファイル転送ソフト)のインストール【Filezila】

Wpxクラウドはファイルマネージャーが使えません(Xサーバーは使える)ので、親テーマから子テーマにphpファイルをコピーするには、FTPのソフト(ファイル転送ソフト)が別途必要です。

Xサーバで慣れている人は、ファイルマネージャが使えないのはがっかりのようですが、ファイルマネージャがあればFTPソフトもなくて済むのでいい機能ですね。

FTP(ファイル転送ソフト)はいくつも種類があるようですが、Wordpressを使っている人たちは「FileZilla」か「Cyberduck」あたりを使っている人が多かったです。

そこで、ど初心者の私は右に倣えで「FileZilla」を導入することにしました。

こちらから早速ダウンロードしていきます
Filezillaダウンロードサイト

「FileZilla Client」をダウンロードするを選びます

32ビット用か64ビット用か選ぶ画面になりますので、ご自分のPCがどちらか確認をしてくださいね。

自分のPCが32ビットか64ビットかはこちらの方法で簡単に確認できますよ
https://support.microsoft.com/ja-jp/help/958406

 

PCを1人で使っている人は下のOnly for meを選んでくださいね。

 

次に機能の選択です。全てにチェックで問題ありません。日本語表記にしたい人は、「Language files」にチェックを入れてくださいね。

全部終わるとこのような画面が表示されます。

これでインストールは終了です。

左の箱が自分のPCで、右側がWordpress側になりますが、まだWordpressには接続できていないので、上記のような表示になります。

WordPressと接続①:Wpxクラウドの準備

次にWordpressと接続をするのですが、WordpressはWpxクラウド上にあるので、まずはWpxクラウドの設定を変えておく必要があります。

Wpxクラウドの管理画面にログインします

「Wordpress設定」画面でFTP設定⇒FTPアカウント設定の設定ボタンを押します。続けて「設定変更」ボタンを押します。

FTP接続先フォルダ変更オプションのチェックボックス「全てのファイル・フォルダにアクセスする」は初心者はチェックを入れないようにしましょう。アクセスできるファイルフォルダが増えすぎてしまいます。

国内IPからのアクセス制御は基本日本からのみFTPで操作する場合は、チェックを入れておいてください。

設定変更(確認)ボタンを押すと下記の画面になります。

これで「設定編集(確定)」を押して設定は終了です。

WordPressと接続②:「FileZilla」との接続設定

次に実際に「FileZilla」とWordpressを接続するための設定を、「FileZilla」側で行います。

Wpxのマニュアルでわかりやすくやり方がのっているので、こちらを参照してください
https://www.wpx.ne.jp/cloud/manual/ftp_filezilla_setting.php

これで準備完了です。

「FileZilla」で親テーマのphpファイルを子テーマにコピぺする

そしていよいよ「FileZilla」を使って親テーマのphpファイルを子テーマにコピぺしてみましょう

 

右上の箱の「themes」のフォルダを開くとWordpressにインストールしているテーマが現れるのでまずは親テーマを選びます。私の場合は「cocoon-master」です。

親テーマを選ぶとしたにphp(ものによってはさらに下の階層にあります)が出てくるので必要なphpファイルを探します。

今回はsingle.phpが必要だったのでこれをPCのデスクトップにドラック&ドロップします。

そして今度は子テーマを開きます。

そこにデスクトップのphpファイル(今回はsingle.php)をドラッグ&ドロップします。

これで親テーマから子テーマにphpファイルがコピペされました!

できたらWordpressの管理画面で確認しましょう!できてますよ。子テーマにphpファイルが。

 

最後に

ファイルをコピペできただけなんですが、ひとつひとつ調べてやりたいことができるようになると嬉しいですね。一歩一歩すすんでいるような感じがします。

これがブログのアクセス数に繋がると願って。

 

KIKI



 

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

名前:KIKI

■概要
少年(たまに少女)の心を持った40代歳女性。
1歳と4歳の姉妹の育児中。
数々の転職をしながら現在は、テレビ関連の企画部署にてワーママ奮闘中。
家庭も仕事も遊びも全部満喫したい欲張りおばちゃん。
詳しくはこちら

目次
閉じる