産休(特に産前休暇)に入ったらやるべきことについて考えた

こんにちは!KIKIです。現在第二子妊娠中産休にはいりました。産休に入るまでは、妊娠による体調不良にも負けずなんとか、産休を目指して、仕事をしておりましたが、実際に産休にはいってみるとどんどん時間が過ぎてしまいます。

そこでやるべきこと、やりたいことをまとめておこうと思います。

以前に産前休暇についての記事がありますのでこちらを参考にされてください。

目次

 入院準備

私の場合産前6週のぎりぎりまで働いていたので、産休にはいったときは、9か月(34週)になっていました。2週間たってすぐに臨月になってしまいました。

そのため産前休暇にはいると、いつ産気づいてもおかしくない時期にすぐ突入します。なので、産前休暇に入ったら入院準備をしましょう。

入院準備は病院によって、準備されているもの、自分で準備するものが違うのでチェックが必要です。例として、一般的に病院が用意してくれるもの以外であると便利だと感じたものをあげます。

「ペットボトル用ストロー」・・・寝ながら水分補給ができる

「むくみ防止タイツ(メディキュットなど)」・・・産後めちゃ足がむくむのであると便利

「夜用ナプキン」・・・産褥ナプキンは病院で用意してくれることが多いですが足りなくなったときのために

できれば、早めにひとつのバックにまとめて、何かあったときにさっと持ち出したり、家族に持ってきてもらえるようにしておきたいですね。

新生児の受け入れ準備

次に考えておく必要があるのが、産後の生活をどうするかです。例えば、下記のような内容を決めておく必要があります。

・里帰りするかしないか
・だれに家事育児を手伝ってもらうか(実親?夫の育休?ヘルパーさん?etc)
・兄弟がいる場合は、兄弟の送り迎え、お世話の体制はどうするか
・寝る場所をどうするか(布団?ベビーベッド?寝室?母子のみ?)
・食事はどうする(宅配?親?夫?etc)

実際に買っておくものですが、ベビーベッドや布団など、着くのに時間がかかる(レンタルの場合は空きがない場合もある)ものは早めに申し込みをしておく必要があります。また退院時に赤ちゃんに着せる洋服は用意しておいてもいいかと思います。

あとは基本的には焦ってそろえる必要はないです。例えば、母乳がでるでないで、ミルク、哺乳瓶が必要かどうかもわからないですし、授乳クッションなども必要になるかどうかわかりません。Amazonなどは、翌日到着で発送できますし、スマホ1台あれば、すぐに届くので、無駄にならないように必要になってきてからで間に合います。

赤ちゃんの名前を考えておく

赤ちゃんの名前や将来の家族設計など、ゆっくり夫や家族と話し合える時間がここでもてるといいかと思います。

特に名前は、産まれたら出生届を出す必要があるので、候補だけでも決めておいたほうがいいかと思います。

平日ランチ

体調がよいときに限りますが、平日に一人(上の子は保育園なので)でランチに出かけられるチャンスも当分ないかと思います。平日に会える友達とあったり、一人でランチにいったり買い物に行ったりもいいかと思います。

私も産前休暇にはいって精力的に、平日おでかけしていまいたが後期つわりでなかなか動けない状態になり家にいることが増えてきました。体調一番で動いてくださいね。

保活

もうすでに妊娠中から、保育園の見学、問い合わせ、申し込みをしている方も多いと思いますが、役所にいって、相談をして、いつ申し込むのか、認可か認証か、など検討しておく必要があります。

産まれてから手遅れになったり焦ったりしないように、今一度確認しておきましょう。

私も先日区役所に行って、40分ほど相談をしてきました。明確な回答をもらえない事項もありますが、直接聞きに行ってよかったと思っています。産んだらすぐに4月入園の申し込み期限がくるので、産まれる前から準備をする必要がありますが、心の準備はすることができました。

読書やドラマ一気見などをして、ゆっくりする

これもいままでずっと働いてきてなかなかできなかったことですし、また産んでからはさらにできなくなることなので、産前休暇中にに可能であれば楽しんでほしいことです。

静かでゆっくりした時間を楽しむ。これって本当に幸せなことですよね。

子ども産むまではこれが幸せとは気が付きませんでした。

最後に

うっかりすると、時間はどんどんすぎてしまうので、産前休暇にはいったら、やるべきことは早めに動いてゆったり過ごしたいです。

この後に出産・新生児育児という一大イベントが待ち受けています。体力的にも精神的にも力を蓄えて立ち向かいましょう!

KIKI

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

名前:KIKI

■概要
少年(たまに少女)の心を持った40代歳女性。
1歳と4歳の姉妹の育児中。
数々の転職をしながら現在は、テレビ関連の企画部署にてワーママ奮闘中。
家庭も仕事も遊びも全部満喫したい欲張りおばちゃん。
詳しくはこちら

目次
閉じる