在宅勤務を体験して

仕事・職場
この記事は約3分で読めます。

こんにちは。KIKIです。

最近在宅勤務が使えるようになり、使わせていただいています。

節電や東京オリンピックに向けて、総務省などでも在宅勤務を薦めていますね。

実体験してみていいところわるいところがあったのでまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク

通勤時間がない

これは一番ありがたいことでした。私は、なんだかんだと片道1時間近くかかっていますが、これが0分になります。
また、夕方仕事を終えると即自分の時間になります。
小さい子を育てている中ではとてもありがたい時間でした。

妊娠中なので、いつもよりありがたいのですが、満員電車にのる心配もないし、風邪や感染症にうつる心配もありません。
できれば通勤中は座っていきたいので、マタニティマークつけてますが、これがゆずって!とこれみよがしに言っているみたいで少々気を使うのでこのストレスからも開放されます。

スポンサーリンク

お昼寝ができる

在宅勤務初日、お昼の時間になってちょっとソファでゴロンとしたらそのまま寝落ちしてしまいました。
起きたらもう1時間経っていて焦りましが、体が休まり午後の作業もはかどりました。

今は妊婦なので特にありがたい。やはり疲れやすいですからね。
横になって眠れるっていうのはかなり体力回復します。おすすめなので皆さんも試してみてください。

スポンサーリンク

じゃまをされない

オフィスで仕事してると、話しかけられなくても、近くで話をしていたり、急ぎ足の人が通ったりと結構気がいってしまうことがあったんだなと、家で仕事して改めて思いました。
宅配便等がこない限り、ほぼ自分で出した音以外聞こえません。
ほんとに集中しやすいし、集中しはじめるととことん集中できます。

誘惑も多い

私にとって、一番の誘惑はおやつでした。笑
人目もないので、ずっと食べれちゃいます。妊娠中でお腹空くので危険です。
これだけのせいではないですが、案の定検診で体重注意になりました。

あとはテレビ見ちゃったりも、うまくやらないと時間が経ってしまうかもしれません。
でも音楽を流しながらとかうまく自分で仕事しやすい環境のするととてもいいと思います!

すぐに相談できない

わざわざ電話しないと同僚、上司に相談できないので、少し不便に感じました。
でも、自分でなんとかしようとするから、結果的には逆に捗ったりしたりもしました。

電話やチャットでしか聞けない距離感は逆にちょうどよかったかもしれません。

電気代がかかる?

夏は冷房、冬は暖房、電気代等かかりますね。
でも、お昼は家で食べられるし、お茶やジュースなど無駄な出費が減るので、お金は逆に節約できると思います。

あとはお化粧しないし、洗濯物も減る場合もあるだろうし、経済的な感じがしました。

環境を整える必要がある

Wifi、PCもそうですが、長時間作業するため、椅子やテーブル、ディスプレイなんかも少し考慮したいです。

私はリビングのダイニングテーブルで仕事しましたが、途中からお尻が疲れて、ソファに座り膝にクッションを置いてそのうえにノートパソコンおいてやったりしてました。

色々座るとこ変えられるのもいいところかもしれません。

 

最後に

やはり時間の有効利用を考えると在宅勤務とてもいいです。でもやはり顔をみてじっくり話さないと進まないことも多いので、今のところ在宅勤務を週一回ペースでやらせてもらうのが、バランスがいいかと思ってます。

あたりまえかもしれませんが、やる気のある人はやるし、サボりたい人はさぼる。これは在宅でも外回りでもオフィス勤務でも、一緒ですね。
でも、こうやって育児中だったり、妊娠中だったりすると体力的にも時間的にも有効的に働く事ができます。
是非やる気のある人が、思い切り働ける環境がもっともっと広がっていくといいですね。

KIKI



タイトルとURLをコピーしました