【知ってみたいママ必見】仮想通貨とは?ビットコイン?怖い?超わかりやすく説明

  • 仮想通貨って何?
  • ビットコインって何?
  • ビットコインに投資するのは怖い?

そんな疑問や不安をお持ちの方はぜひこの記事を読んでください。

ニュースやSNSで「仮想通貨」や「ビットコイン」ときいて、よくわからないから「怖い」「怪しい」と思っていませんか?

私も以前はそうでした。しかし、理解していくうちに、ビットコインの将来に投資してみたいと思い、いまでは少しずつ買ってます。

本記事の内容は下記のようになっています。

本記事の内容
  • 仮想通貨とは。
  • ビットコインとは。
  • ブロックチェーンとは。
  • 仮想通貨は怖いのか。
わかりやすく説明します!

読んでいただくと、仮想通貨とビットコインについて基本的な理解ができて、自分が興味をもてるものなのかどうかが判断できます。

もうすでに、ブロックチェーンやビットコインについてわかっているよーという人には物足りない内容ですので、そっと画面を閉じてくださいね。

それでは早速行きましょう!

目次

仮想通貨とは。暗号資産とも呼ばれます

仮想通貨は「 デジタルのお金 」です。

インターネット上でやりとりするお金で、日本円のような紙幣や硬貨はありません。

また、仮想通貨は「 暗号資産 」とも呼ばれます。(←正式にはこっち)

電子マネーと仮想通貨の違い

紙幣や硬貨がないお金というと、Suicaなどの電子マネーもあります。

しかし、電子マネーと仮想通貨は全く別物です。

電子マネーは日本円の代わりとして使うためのものであり、紙幣や硬貨を出さなくてもよい便利な仕組みです。

仮想通貨は、そのままでは電車にも乗れないし、買い物もできません。

ドル・ユーロなどといったような、固有の通貨だからです。

ビットコインとは

仮想通貨の中で一番最初にできて一番普及しているのが「ビットコイン」です。

ビットコインは何故普及できたのかを考えてみます。

たとえば私(キキ)が「キキ」コインを作ります!と言ってみなさんに1キキあげますといっても使えないし、価値もないのでもらっても困りますよね。

しかしビットコインは2021年2月時点で1ビットコイン(以下BTC)が500万円以上の価値があります。それは安全で安心しているとみんなが思えているから価値が上がってきました。

では、なぜ安全で安心と思えたのか。

それは「ブロックチェーン」という技術を使っているから。なんです。

キキ

ブロックチェーン・技術・・難しそうですか?
大丈夫です!わかりやすく説明していきます!

仮想通貨の原点「ブロックチェーン」についてわかりやすく解説!

難しいことが嫌いな人も、仮想通貨を知る上では「ブロックチェーン」の基本は理解しておいてください。

この技術はとても斬新で画期的な発明とも言われています。ワクワクする技術と言ってもいいです。

ブロックチェーンはどんな技術なのかというとすごく簡単な言葉でいうと下記の2点です。

ブロックチェーン技術とは
  • みんなでチェック
  • みんなで支えあう
なんじゃそりゃ!?

どういう事なのか、このあとわかりやすく説明していきます。

少々カタカナ文字が出てきますがお付き合いください。

ブロックチェーンはみんなでチェックする

まずは、下記の図を見てください。ブロックチェーンはデータをブロック単位にまとめます。データをチェックしてブロックにすることを「 マイニング 」と言います。一緒に覚えちゃいましょう。

キキ

ブロックがチェーン状につながるからブロックチェーンなんですね。

ブロックチェーンとマイニング

マイニングは、一人がやるのではなく、みんなで競争してチェックしてブロックにします。(この人たちをマイナーといいます)

ブロックチェーンはみんなで支えあう

マイニングしたすべてのデータは、世界中のコンピュータに共有されます。

共有されたデータは、それぞれのコンピューター同士の通信でどんどんと広がります。

ブロックチェーンのネットワーク技術

ブロックチェーン上でのデータの共有方法は、下記のとおりと整理できます。

  1. すべてのデータをみんなで共有
  2. コンピューター同士でそれぞれ通信

すなわち「データはみんなで管理する」ことになります。管理者はいません

これがみんなで支えあうという意味になります。

ブロックチェーンの特徴まとめ

ブロックチェーンのすぐれた特徴をまとめます。

  1. みんなでチェックしているのでセキュリティが強い
  2. みんなに共有されたデータをみんなで管理するので管理者がいない
  3. データが壊れたり、いたずらされても、他のみんながもっているから大丈夫

ブロックチェーンは「 みんなでチェック 」「みんなで支えあう」という新しく画期的な技術なのです。

ビットコインはこの「 ブロックチェーン 」の技術を使っています。なので、安全で安心な通貨であると世界に徐々に広がり、現在の価値になりました。

また仮想通貨に限らず、色々な分野で「 ブロックチェーン 」の技術が使えるようになっていくと言われています。
夢のある技術です。

キキ

ここまでが仮想通貨&ビットコインの基本のキになります。
ここからはもう少し内容を深堀りしていきます。

ビットコインは怖いのか。キャンブル度合いを考える

ビットコインは安心安全な技術が使われいる価値のあるもので、「得体のしれないもの」ではありません。(ここがわからない方は前半部分へ)

しかし、価値が上がったり下がったりする可能性があるのでギャンブル性は強くあります。

キキ

怖いか怖くないかはこの後の説明を理解してご自身で判断してください。(人によって感じ方は変わります)

ビットコインはどこから発生するのかと発生上限について

まず、日本のお金は「 日本銀行 」が発行していますが、ビットコインはどこが発行しているかについてです。

ビットコインには、日本銀行のような管理者がいないので、管理者が発行する仕組みではありません。

ビットコインは下記のように発生します。

ビットコインの発生について

マイニングが成功した人に、ビットコインが発生する(もらえる)

マイニングは「データをチェックしてブロック化」することでした。(ここがわからない場合は前半へ

これをたくさんのマイナーが挑戦します。

その中で最初にブロック化に成功したマイナーはビットコインがもらえます(発生します)

今は1回成功すると、6.25BTCがもらえます。

今後は

21万ブロックのマイニングごとに1回のマイニングでもらえるビットコインが半減し、それは約4年ごとになると予想されています。前回は2020年に半減したので、次は2024年、と続き、2140年には発生が終わります。

最終的な発生数は2,100万BTCで、これ以上は発生しません。

たくさん数字がでてきてしまいましたが、わかりやすくまとめます。

ビットコインの発生と上限

発生するビットコインには限りがあり2140年(100年以上先です)には発生が終わる

このことから何が考えられるか。(ここ重要です!)

発生に上限と終わりがくるということは、期間限定で作られた車・腕時計・スニーカーのように、価値が高騰していく要因になります。

キキ

希少価値に気づく人が増えて上がっていくことが考えられますね。

ビットコインはいつか急落すると予想されている

逆にいつか急落すると予測されている要因もあります。こちらもわかりやすく説明します。

ビットコインはマイナーがマイニングに成功すると発生します。(ここがわからない人は前の説明へ)

そのマイニングを成功させるには、たくさんのコンピューターを置く広い土地と大きな電力が必要です。

土地と電気が安く、熱くなったコンピューターを冷やすため寒い地域が圧倒的に有利です。(実際にこれまで参入した日本の企業(GMOなど)も早々に撤退しています。)

そのためマイニングは7割程度が中国で行われています。

(参考記事:中国一強状態だったビットコイン採掘拠点で勢力図に変化、米国とカザフスタンが躍進

マイニングする人が一部の人たちになるということは、発生したビットコインがその一部の人たちの手に集中します。

一部の人にビットコインが集中していると、何が起こるかというと

価値がどんどん上がっていったときに、その一部の人たちが、「もう儲けたからそろそろ売ろう!」と売りに出すと、持っている量が大きいため一気に急落します。

キキ

それがいつ起こるのか。徐々に分散されるだけか。それはわかりません。

わかりませんが急落がおこる可能性と、その仕組みは頭にいれておきましょう。

理解しておくのとしていなのでは、怖いと思うレベルが変わってくるはずです。

自分で情報収集をして考える

ビットコインの価値があがったりさがったりする要因はさまざまで予想するのは難しいですが、これまで説明した、ビットコインの仕組みを理解して、要因を考えることが重要です。

インフルエンサーの〇さんがあがるっていったから上がる。。。とかの判断はやめましょう。

その人の意見を参考に自分で考えることが一番重要です。

キキ

次に自分で考えるためにはどうしたらいいかについて、お伝えします。

仮想通貨やビットコインをもっと学びたいときは、少額持ってみる

仮想通貨やビットコインについてもっと学びたい、自分で考えたいときは下記の方法をおすすめします。

とりあえず少額のビットコインをもってみる

少額とはいくらかというと、

大手の取引所Coincheckではビットコインの最低購入単位が0.005BTCなので、1BTCが300万円だとすると1万5千円から購入可能です。

実際に買うと、チャートを見る機会が増えたり、買う方法がわかったりするだけでなくビットコインを自分事にすることができます。

自分事にできると、ニュース・SNS・会話でビットコインが出てきたときの、感じ方が180度変わります。

出てきた内容を、着実に自分の知識として取り入れることができます。もっと知りたいという欲もでてきます。

難しい本を何冊も読むよりもよっぽと勉強になります。本もビットコインを実際に持ってから読むと理解がめちゃくちゃ深まります。

キキ

少額買って、また勉強して、その後続けるかやめるかを決めるのがいいです。

ビットコインを買うには取引所に登録する必要があります。

まずははじめてみようという方に、おすすめの取引所は 「 コインチェック(Coincheck)」です。

コインチェック(Coincheck)は取引数・登録者が多く、大手のマネックス証券が運営しているので初心者でも安心して使えます。ワーママの私も利用していますが使い勝手もいいです。(売買時に手数料はかかりません。)

コインチェックでビットコインを購入するときはコインチェック内の販売所のメニューから買うと高くなります。必ず取引所(板取引)を使ってくださいね!(コインチェック以外でも同じです)

実際にビットコインを持つと次に置き場について悩むと思います。そこで下記の記事も参考にされてください。

ビットコインをはじめるなら余剰資金で

最後に注意点です。ビットコインをやるのであれば、余剰資金でやることを強くおすすめします。

買うとわかりますが、1日で10%~20%も価格が変動することはざらにあります。

100万円買ったらその日のうちに80万円になったりする世界です。

そのため生活に必要なお金や将来にためてるお金ではなく、無くなっても困らないお金でやりましょう。

よくある質問【Q&A】

よくあるお問い合わせ
収益がでた場合税金はとられますか。

はい。今は雑所得の扱いになります。他の収入を合わせえて税率が決まります。例えば年収800万の場合は23%の所得税が課税されます。(税率はこちら

ガチホってなんですか。

買ったら下がっても上がっても手放さずガチでホールドするという意味です。徐々に上がるという予測をたてて長期で保有する場合にになります。

アルトコインってなんですか。

ビットコイン以外の仮想通貨を指します。リップル・イーサリアム・ライトコイン・モナコインなどです。

ワーママで時間がありません。ビットコインはやらないほうがいいですか。

本記事のような基本を理解したら、まずは少額買ってみることをおすすめします。毎回チャートをみて買ったりする時間がなければ毎月積み立てることも可能です。Coincheckだとビットコインは毎月1万円から積立が可能です。

いろいろチャレンジして毎日をワクワクしたいワーママのキキがお送りしました。

楽しんでいきましょう!

キキ

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

名前:KIKI

■概要
少年(たまに少女)の心を持った40代歳女性。
1歳と4歳の姉妹の育児中。
数々の転職をしながら現在は、テレビ関連の企画部署にてワーママ奮闘中。
家庭も仕事も遊びも全部満喫したい欲張りおばちゃん。
詳しくはこちら

目次
閉じる