鼻水吸引「ママ鼻水トッテ」は使えるかどうかを考えてみた

こんにちは!KIKIです。

現在2歳8ヶ月と5ヶ月の姉妹の育児中です。上が保育園に行っているのもありますが、二人ともよく鼻水をたらしています。吸ってあげると早く風邪が治ると聞いたので、鼻水吸引器を用意しようと思いましたが、値段も機能をさまざまで迷いました。

そこで、試しに安価な鼻水吸引「ママ鼻水トッテ」を使ってみたので、まとめたいと思います。

目次

子ども用の鼻水吸引器(家庭用)の種類

1,000円以下で買える鼻水吸引器

私が買った鼻水吸引器にもなりますが、700円~800円程度で買うことができるます。

ドラックストアにも置いているので、急な風邪の時に使ってみたい時などはいいかと思います。

使い心地などはまたのちほどまとめます!

5,000円以下で買える鼻水吸引器

この価格帯になると電動のものがあります。

小ぶりで3千円前後で「ハナクリア」という商品があります。

吸引力はそこそこですが、鼻水や鼻くそをひっぱりだしてくるのにはいいようです。

1万円以上の鼻水吸引器

この価格帯になると性能もぐっとアップします。

吸引力が強いのに加え、洗いやすく、扱いやすい点もポイントです。

鼻水吸引「ママ鼻水トッテ」を使ってみた!

生後5ヶ月の娘が2歳の長女から鼻風邪をよくうつされ、なかなか治らないので、急遽購入して使いました。

周りのママの話や、ネットの口コミからは、電動鼻水吸引器がだんぜんいい!と聞いていましたが、頻度もどの程度使うかもわからず、結構高価なので、まずは試しに「ママ鼻水トッテ」にしてみました。

「ママ鼻水トッテ」の形状について

鼻トッテ

①は大人が口で咥えて吸う部分です。長方形の形になっていて吸いやすくなっています。

②のところを赤ちゃんの鼻に入れます。丸い形状なので、赤ちゃんの鼻の奥まで入ってしまう心配はありません。

①と②のストローか独立していて真ん中の入れ物につながっているので、鼻水が吸う側に逆流することがありません。

逆流してしまうと、大人に風邪うつってしまうので、重要なポイントです。

「ママ鼻水トッテ」を実際に使ってみた感想

うちの5ヶ月の娘に使ってみたところ、本気で嫌がります!そりゃそーですよね。

そして真ん中の入れ物にたまるほど鼻水はとれません。

でも、鼻の中にある鼻水を入口に引き出すことはできました!

なので、吸っては鼻水をティッシュで拭くという作業を繰り返すことになります。

この「ママ鼻水トッテ」のいいところは、吸う力を大人が赤ちゃんの様子を見ながら加減できるところです。しかし、それはいい面でもありながら何度も結構な力で吸う必要があるので、結構大変です。

また②の赤ちゃんの鼻にいれる部分は鼻の上(目の方)に向けず、耳側に少し向ける方がいいです。鼻水は鼻の穴から縦方向だけにたまっているわけでなく、耳の方向にもたまっているからです。

ここに注意しながら、がんばって吸ってあげると結構鼻水がとれます。(赤ちゃんを暴れないようんおさえることも必要です)

最後に

口コミを見ると、「ママ鼻水トッテ」は、うまく取れないなどの意見もありますが、試しに使ってみるには手ごろで、うまくできればそこそこ鼻水とれます。

でもしょっちゅう鼻水を出し、その後本格的に何度も風邪をひいてしまう子の場合は、電動の鼻水吸引器がいいのではないかと思います。

なるべく風邪をひかせずに元気で過ごせるように上手に使いたいですね!

KIKI

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

名前:KIKI

■概要
少年(たまに少女)の心を持った40代歳女性。
1歳と4歳の姉妹の育児中。
数々の転職をしながら現在は、テレビ関連の企画部署にてワーママ奮闘中。
家庭も仕事も遊びも全部満喫したい欲張りおばちゃん。
詳しくはこちら

目次
閉じる