モンベルの折りたたみ傘がおすすめなワケを考えた

こんにちは。KIKIです。

私は荷物が重いのが苦手です。なるべく少なく軽くしたいです。

でも折りたたみ傘の重さや大きさは、数年前まで、あまり気にしたことはありませんでした。

気にするようになったのは、数年前に山に登るようになって、グッズの質や重さが重要なことだと知るようになったからかもしれません。
(子ども産まれてから山には行けてませんが。。)

一年中、結構な頻度でカバンにはいっている折りたたみ傘について、まとめておこうと思います。

またモンベルの折りたたみ日傘も愛用しているのでこちらもまとめています。参考にされてください

⇒ モンベルの折りたたみ日傘がおすすめなワケを考えた



目次

モンベルの折りたたみ傘に出会うまで

今はモンベルの折りたたみ傘を使っていますが、これに出会うまでは、雑貨屋さんやユニクロで買ったものを気にせず使っていました。大きさや軽さはまったく気にせずに。
しかし、出張に出ることが増えたり、PCやタブレットを持ち運ぶようになり、いかに荷物を少なくするかが日常でも課題となっていました。

そんなときネットでいろいろ調べて出会ったのがモンベルの折りたたみ傘でした。

軽いし強いし、めちゃめちゃ口コミもいい!早速確認したいと思うようになりました。

そもそもモンベルは山グッズ屋さんの中でも日本のメーカーで品質に関しては本当に信頼を置いているメーカーでもあるので、すぐに食いついてしまいました。

まずは、モンベルの折りたたみ傘の種類からいきますね。

モンベルで販売している折りたたみ傘の種類

・トレッキングアンブレラ
値段:4,500円 重量:150g 8本カーボン骨。
・U.L.トレッキングアンブレラ 
値段:4,800円 重量:128g 10デニール生地。やや小さめ。
・トラベルアンブレラ
値段:5,200円 重量:86g 6本骨。超軽量。小ぶり。
・ロングテイル トレッキングアンブレラ
値段:5,500円 重量:145g。 背中側が大きい形。
・リフレック トレッキングアンブレラ
値段:5,200円 重量:172g 夜に光る生地。
・カモワッチアンブレラ
値段:4,600円 重量:175g カモフラージュ柄。

これで目に付くのはトラベルアンブレラの86g。この軽さはなかなかないです。小指一本で持てちゃう軽さです。
私はこの軽い傘を目当てにモンベルショップに行きました。

しかし実際見てみると、骨が6本(他は8本)で、生地が超薄い。こうもしないとこの軽さは出せないのでしょう。すごい製品ではありますが、ゲリラ豪雨などのときには少し不安な気がします。

バランスを考えると「U.L.トレッキングアンブレラ」かなと思いました。

 

購入した折りたたみ傘「U.L.トレッキングアンブレラ」について

なので、悩んで私は「U.L.トレッキングアンブレラ」の緑色にしました。基本のトレッキングアンブレラに比べるとやや小さく、少し生地も薄いです。でもトラベルアンブレラに比べるとしっかりしています。軽さと強さのバランスが私にとっては一番ちょうどよいと思いました。

 

 

一緒に買いにいった夫は少し大き目がいいということで、「ロングテイル トレッキングアンブレラ」を購入しました。

 

 

ロングテイルトレッキングアンブレラは、リュックを背負って傘をさした時にリュックも濡れにくい形のため後ろが大きくなってます。
他ではみたことない配慮です。さすがモンベル。

ロングテイルトレッキングアンブレラのこの形、意外なところで役に立ったので紹介します。
それは、子どもをエルゴで前抱っこしていて傘をさす必要があるときです。
大きくなっている部分を前側にすると、子どもが濡れにくい仕様になります。
モンベルさんこれも売りの1つにしたらいいのになぁ。

 

モンベルの折り畳み傘のオシャレ度について

好みによるとは思いますが、正直このデザインで購入をちょっとだけ迷いました。登山スタイルであれば、とても素敵な傘なのですが、女性がタウンユースで使うには、ちょっとぱっとしません。
なぜだろう。ロゴが少し大きすぎるし。色は地味な緑か、反対に、ちょっときついピンクか。
迷ったあげく、シンプルな緑にしました。

その結果、普段割とカジュアルな服装なので、使ってみると意外とよかったです。(ぱっとしないとか言っちゃってすみませんでした)
でも、個人的にはもっと嫌いな空色とか、綺麗な黄色とか出てくれたら嬉しいかな。ロゴは小さめで。

とはいえ、男性にはシンプルでとてもいいですし、使ってしばらく経った今としては、緑も落ち着いていてよかったと思っています。

ちなみに夫の「ロングテイル トレッキングアンブレラ」も同じ緑にしました。お恥ずかしながらおそろいです。www

 

モンベルの折りたたみ傘「U.L.トレッキングアンブレラ」の使い勝手について

結局128gの「U.L.トレッキングアンブレラ」にしましたが、半年使ってみた感想をまとめたいと思います。

・やっぱり、軽い、小さい
この軽さ小ささ(細さ)で充分でした。86gのトラベルアンブレラにしなくてよかった。カバンに入れていてももってるかどうか忘れるくらいです。今では、常にカバンにいれて放置してます。

・すぐ乾く
生地のせいか、使ったあと、干しておくとよっぽどの濡れ具合でなければ、数十分で乾きます。通勤で使ったときは、会社で干すので、ありがたいです。

・袋に入れやすい
使ってみるまで気づきませんでしたが、モンベルの折りたたみ傘は取っ手の部分から
袋に入れます。普通の折りたたみ傘はお尻(尖った方)から袋にいれますよね?
これが意外と楽なんです。濡れてて適当にしかたためない時とかもすんなり入ります。いいですよ。
そしてお尻の部分に輪っかがついていて、止められるし、ぶら下げて収納することもできます。
さずか日本のメーカー。細部にこだわってますね。これだからモンベル好きなんです。

 

値段について

高級ブランドじゃあるまいし、5,000円もする折りたたみ傘は、高いって思いますよね。
節約大好きな私もとても買えるものでは無いと思っていました。(それも夫と二本も)
でも、奮発して買ってよかったです。

上に書いたように使い勝手がいいし、いいもの買うと丁寧に扱うし。

それにビニール傘って400円くらいしますよね。ビニール傘13本分くらいの値段です。
何年も使うしいいかなと、納得してます。

アフターケアについて

高いのに納得できる理由はもう1つあります。アフターケアです。もちろん修理もしてくれます。部品もそれぞれ買うことができます。

実は買ってすぐに夫が、袋(カバー)を無くしました。普通の折りたたみ傘なら諦めるだけですよね。もしくはビニールにいれて使うか。。。汗。でもモンベルは袋だけで売っています。ちなみにロングテイルアンブレラの袋は800円でした。やはり袋あったほうがいいです。モンベルの入れやすい袋ですから。

このように手厚い仕組みにより、長く使えるようになってます。

高いけど、買いの商品ですね。

みなさまも良い出会いを

KIKI



よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

名前:KIKI

■概要
少年(たまに少女)の心を持った40代歳女性。
1歳と4歳の姉妹の育児中。
数々の転職をしながら現在は、テレビ関連の企画部署にてワーママ奮闘中。
家庭も仕事も遊びも全部満喫したい欲張りおばちゃん。
詳しくはこちら

目次
閉じる