QQキッズとハッチリンクジュニアの比較|違いは?|どっちがいい?

QQキッズとハッチリンクジュニアの比較
  • QQキッズとハッチリンクジュニアはどっちがいい?
  • QQキッズとハッチリンクジュニアの違いは?

そんな疑問を持つ方はこの記事をぜひ読んでください。

QQキッズとハッチリンクジュニアは、ともにリーズナブルな子供専用のオンライン英会話です。

金額や仕組みもすごく似ています。しかし、実際に受講してみると違いがあります。

そこで、QQキッズとハッチリンクジュニアの違いを受講者の目線で徹底紹介していきます。

キキ

記事を読むと、お子さんにどちらが合うかわかりますよ。

最初に両者の似ている点(共通点)をまとめます。

QQキッズとハッチリンクジュニアの共通点
  • リーズナブル(週2~3回だと月額4千円~6千円)
  • 子供専用のオンライン英会話
  • 主にフィリピン人の先生
  • 1回25分の授業
  • 英検に対応している

しかしながら、ハッチリンクジュニアはスカイプを使うのに対し、QQキッズはClassroomという独自システムを使ったり、

兄弟・家族で受講するにはハッチリンクジュニアのほうが使い勝手がよかったりと、大きく違う点もあります。

この記事ではその違いについて詳しく解説していきます。

それぞれの口コミ情報を知りたいかたはこちらの記事をご確認ください。

子供向けのオンライン英会話のおすすめを知りたい方はこちらの記事を参考にされてください。

それでは、QQキッズとハッチリンクジュニアの違いを見ていきましょう。

目次

【結論】QQキッズとハッチリンクジュニアどちらがいいか

早速ですが、QQキッズとハッチリンクジュニアどちらがいいか我が家の結論を発表します!

ドドドドドドドド~♪(ドラムロールのつもり)

QQキッズ」です。

両者にいいところがありますが、QQキッズを選んだ理由をまとめると下記のとおり。

  • 料金はハッチリンクジュニアの方が安いが、画面を子供が操作でき、娘がレッスンをより楽しめたから

ハッチリンクジュニアは基本的にスカイプを利用しますが、QQキッズは独自のシステムであるClassroomを使います。

Classroomは画面に子供がタッチペンやマウスで書き込んだりタップ(クリック)することができます。スカイプではできません。

自分で〇(丸)を書いて回答を選んだり、絵を書いたり、文字を書いたりするのが5歳の娘はとっても楽しかったようです。

Classroomについてはのちほど詳しく解説します。すぐ見たい方はこちら

しかし、料金は、例えば幼児におすすめの月8回(週2回)ではQQキッズ4,380円/月、ハッチリンクジュニアは4,054円/月と508円差でハッチリンクジュニアの方が安いです。

料金を少しでも安くしたという方はハッチリンクジュニアのほうがおすすめです。

料金の差についてものちほど詳しく解説します。すぐ見たい方はこちら

キキ

それぞれのお子さんに合う合わないがあると思うのでさらに詳細情報を確認していきましょう。

QQキッズとハッチリンクジュニアの詳細比較

QQキッズとハッチリンクジュニアの詳細な比較を下記の項目別にみていきます

  • 料金
  • システム
  • 先生の授業
  • カリキュラム
  • 予約のとりやすさ
  • 兄弟家族での共有
  • 退会・再開のしやすさ

似ているようで実はかなり違いがあります。その違いが分かるようにまとめます。

料金

QQキッズとハッチリンクジュニアの料金比較です。

月8回と月12回は QQキッズの方が安く、その他はハッチリンクジュニアの方が安いです 。

コース別
月額(単価)
QQkidsバナーハッチリンクlogo
週1回
月4回
月4回
 2,680円(@670円)
月4回
3,036円(@759円)
356円
(@89円)
週2回
月8回
月8回
 4,380円 (@548円)
月8回
4,054円(@507円)
△326円
(△@41円)
週3回
月12回
月8回+4回分購入※で
6,417円(@535円)
月12回
5,907円(@492円)
△510円
(△@43円)
週4回
月16回
月16回
7,348円 (@459円)
月16回
7,944円(@497円)
596円
(@38円)
週5回
月20回
月16回+4回分購入※で
9,385円(@469円)
月20回
9,676円(@484円)
291円
(@15円)
月30回月30回
 10,648円(@355円)
月30回
12,222円(@407円)
1,574円
(@52円)

※QQキッズには月12回コースがないので、月8回コースに4回分(1回50ポイントで200ポイント2,037円)を追加購入することで12回にできます。その場合4,380円+2,037円=6,417円になります。

※QQキッズには月20回コースがないので、月16回コースに4回分(1回50ポイントで200ポイント2,037円)を追加購入することで20回にできます。その場合7,348円+2,037円=9,385円になります。

週2回または週3回の場合はハッチリンクジュニアが安いです。例えば週3回だと月に510円違います。1年にすると約6千円の差ですね。

しかし週4回だと1ヶ月あたり596円QQキッズの方が安いです。1年にすると約7千円お得になります。

お子さんが週何回やるのがいいのかで判断してみてください。

我が家の場合は現在週2回のQQキッズを受講しています。

ハッチリンクより安いのになぜ受講しているのか??という理由ですが、月に326円だけの差であること、このあと説明するClassroomのシステムが子供が集中できるのもだったり、選ぶ先生によっては安くすんだりと総合的に判断して選んでいます。

選ぶ先生のよって安くすむというに点についてもう少し解説します。

QQキッズは50ポイント先生を基準にその月のポイントが付与されます。月8回であれば8回×50ポイント=400ポイントです。しかし、40ポイントの先生もいて、40ポイントの先生を毎回選ぶとなんと、月8回コースでも10回受けることが可能です。

我が家もなるべく、40ポイントの先生のお気に入りの先生を探して受けるようにしています

また、イベントやキャンペーンもやっておりレッスンポイントを貰えることもあるので、安さを求める方はQQキッズをおすすめします。

システム|子供が操作できる?録画は可能?

我が家がハッチリンクジュニアよりもQQキッズをすすめる大きな理由は子供が画面を操作できることです。

使用するシステムを比較していきます。

QQキッズ
ハッチリンクジュニア
  • Classroom(独自システム)
  • 子供が書き込むことが可能
  • 自動で録画。振り返り可能。
  • 見学機能あり
  • 基本スカイプ。Zoomも可。
  • 画面への書き込みは不可
  • 録画は先生しだい。断られることも。

QQキッズはClassroomという独自システムをリップルキッズパークはZoomを使います。

Classroomでは、受講者側がタッチペンやマウスで、絵や文字を書くことができます。

こちらは線を繋げて問題を回答している姿の写真です。子供はこういうの楽しんでやります。

QQキッズのタッチパネル

選ぶ問題も「Circle!」(丸を付けて)と言われると5歳の子供も嬉々として〇を付けて回答します。

また、先生と一緒に、二人でうさぎの絵を書いてみよう!とかも可能です。(←超げらげら笑いながらやってます)

さらに文字の練習も画面上で可能です。我が家も英語の文字はこれで書けるようになりました。

こちらの動画が文字の練習の様子。塗り絵しちゃってますけど・・・・本人が楽しそうだからOKです~ww

この機能、圧倒的に子供の集中力が高まります。

画面をみているだけだとどうしても飽きてきてしまいますが、手を動かしてそれ自体も楽しいので本当に集中できています。

キキ

小さい子供にとっての25分は長いので本当にすばらしい仕組みです。

また、レッスンの録画に関してもQQキッズが上です。ハッチリンクジュニアが使っているスカイプでも録画は可能ですが、先生に録画してもいいか確認する必要があります。

QQキッズのClassroomではすべてのレッスンが自動で録画されていて、レッスン終了後マイページから確認することができます。(30日間)

下の図のようにマイページの見たいレッスンの「再生」ボタンを押すだけと操作も簡単です。

QQキッズの再生ボタン
キキ

テレビやYouTubeの代わりにレッスン風景を流せばいい復習にもなります!

さらに親が別室からレッスンをのぞく、「のぞき見機能」もあります。親が横についているのを嫌がる場合や、こっそり様子を見たい場合にぴったりです。

先生の授業

5歳の英語初心者がしばらく受講して感じた授業に関する比較をします。

QQキッズ
ハッチリンクジュニア
  • 楽しい先生から厳しい先生まで多種多様。合う先生が探せる
  • 先生が沢山いてばらつきが大きい
  • 飽きないようにゲームや遊びを多く取り入れてくれる
  • 熱心な先生が多い

結論から言うと、先生はQQキッズ、ハッチリンクジュニアともに熱心で楽しく甲乙つけがたいです。

ただレッスンの進め方は少し違います。

ハッチリンクジュニアは子供が楽しむことに重点を置いている先生が多く、手を変え品を変えゲームや遊びを取り入れてくれます。

QQキッズは楽しみをいれつつも、英語をなるべく多く覚えられるように進めてくれます。

しかし両方ともに、先生は熱量が高い方が多く、丁寧です。

先生の数はかなり違い、QQキッズは1,300人ハッチリンクジュニアは100人です。

しかしどちらもお子さんに合う先生を探すことが可能な充分な講師数です。

先生を基準に選びたい方は、両方無料体験を受けてみて授業の感じをつかんでみてください。

そしてどちらかではじめて、どうも合わないかもと思ってから乗り換える方法もおすすめです。

\無料体験レッスンの申し込みはこちら/

※2回分無料で受けられます

コース(カリキュラム)と教材

次にコース(カリキュラム)の比較をします。

QQキッズ
ハッチリンクジュニア
  • コースは10種類と豊富
  • 教材はオリジナル教材または市販教材
  • ABCの初心者から8段階のレベル分け
  • オリジナル教材

QQキッズはコースが10種類もあって豊富です。超初心者から高校生レベル、またフォニックスや歌のコースがあります。

5歳から受講している娘は簡単な挨拶や色などを覚える「Smart kids pre-starter」とABCと発音を学べる「Smart kids Starter」を交互に受講しています。(コンサルの方に勧められた方法です)

こちらの記事で詳細を解説しています。参考にされて下さい。

それに対しハッチリンクジュニアは、8段階のレベル分けされていて、5歳の娘ははABCを5文字ずつ覚えるところから始まりました。

教材は先生が投影してくれて、さらに進捗に合わせてマイページからもダウンロードできます。

続けられるかわからない状態でテキストを買わなくていいのはポイント高かったです。

我が家はダウンロードしたテキストを印刷して予習復習に使っていました。

キキ

印刷したテキストに色を塗ったりしながら楽しんでいました!

豊富なコースでいろいろ試してみたい方はQQキッズがおすすめですが、我が家のような英語初心者の場合どちらでも問題ありません。

ハッチリンクジュニアのカリキュラムもわかりやすくてよかったです。

予約のとりやすさ

先生の選びやすさ、予約するときのシステムの使いやすさについて比較します。

結論としてはどちらも使いやすいシステムで先生も選びやすいです。

QQキッズ
ハッチリンクジュニア
  • 検索がしやすい
  • 先生が多いので予約が取りやすい
  • 予約画面がすっきりしていて見やすい。
  • 先生へ実際の評価コメントが詳細

QQキッズの予約画面になります。好きな先生をお気に入りに登録しておけば「お気に入りの教師」で絞り込みができます。

また「キッズ向け」や「時間帯」でも検索することができます。

先生の評判も簡単に見ることができます。

QQキッズの予約システム画面

ハッチリンクジュニアも「幼児におすすめ」や「日本語得意」などの検索条件を付けることができます。

さらに、ハッチリンクジュニアの場合は先生の詳細画面に下記のように「生徒様からのコメント」があります。実際の生の生徒さんの声が載っています。

これがめちゃくちゃ参考になります。辛辣なものもあったりしてww

ハッチリンクの講師の口コミ

またシステムの使いやすさ、見やすさも僅差でハッチリンクジュニアのほうがいいですね。

例えば先生の予定もこんな風に横にすっきり見れます。

ハッチリンクジュニアの人気講師の予約状況

先生の数はQQキッズが1,300人、ハッチリンクジュニアが100人と大きく変わりますが、どちらも充分な先生の数なのでお子さんに合う先生は見つかりますよ!

それぞれのおすすめの先生、予約の取りやすさ等をもっと詳しく見たい方はこちらの記事を参考にされてください。

キャンセルルール

レッスンのキャンセルルールについて比較します。

QQキッズ
ハッチリンクジュニア
  • レッスン12時間~1時間前50%喪失
  • レッスン1時間前以内100%喪失
  • 連絡なしキャンセル200%喪失
  • 2時間前までキャンセル可能
  • マイページからワンクリックでキャンセルできる
  • レッスンの予約は1時間まで可能

圧倒的にQQキッズのほうが厳しい設定になっています。

というか、ハッチリンクジュニアのキャンセル規定はとってもやさしい設定になっています。

子供の気性が激しく直前にならないと受けられるかわからない場合は、親に急な用事が入りやすい場合などは、QQキッズよりもハッチリンクジュニアのが向いています。

QQキッズは、1300人を超える講師がいるオンライン英会話なので、先生たちを守るためのルールなんでしょうね。

どちらのオンライン英会話を選んだとしても、1回数百円でやってくれている先生たちなので、なるべくキャンセルしないようにしたいですね。

キキ

実はQQキッズで寝坊して受けられなかったことがあったのですが、200%ではなく100%喪失ですみました。多分初めてだったのでおまけしてくれたのだと思います♪

兄弟・家族とレッスンやアカウントの共有ができるか

兄弟や親もレッスンを受けたい場合、レッスンやアカウントを共有ができるのかを解説します。

QQキッズ
ハッチリンクジュニア
  • アカウントは別々に作る必要あり
  • 自由にポイントの共有はできないが30日に1度4回分のポイントをあげることができる
  • 1つのアカウントで家族の受講OK
  • 兄弟・家族並んで受講OK

兄弟・家族で受ける人を自由に変えたい場合は、ハッチリンクジュニアの方がいいいです。

キキ

途中で変わっても、並んで受けてもOK!超自由。

月12回(週3回コース)を選んだとして、例えば兄が8回、弟が4回といったようにもできるし、月によって変えることも自由です。別々に入会してコースを選ぶよりもお得になります。

対するQQキッズはアカウントごとにカリキュラムの進捗を管理しているので、兄弟・家族は1人1つアカウントをつくる必要があります。

QQキッズにはポイントシェアという仕組みがあり、ポイントを兄弟・家族・友人にあげることができます。

ただし、30日に1回4回分(200ポイント)が上限と制限がありますし、ポイントの受け渡しの手続きも必要で少々面倒です。

QQキッズのポイントシェアについてはこちらの記事を参考にされてください。

兄弟で自由に交代しながら受講したい!という場合はリップルキッズパークを選んでくださいね。

退会・再開のしやすさ

退会・休会方法について比較します。

QQキッズ
ハッチリンクジュニア
  • 休会は決済日の前日までに申請
  • 退会は決済日の3営業日前までに申請
  • 休会後も決済日まで受講可能
  • 休会はマイページのプラン解約からから、退会は問い合わせフォームから
  • 決済日の7日前までに申請が必要
  • 問い合わせフォームから申請が必要
  • 休会・退会後も決済日までは受講が可能

休会・退会については申請する期限に違いがあります。

QQキッズは毎月の決済日(支払日)の前日まででいいですが、ハッチリンクジュニアは7日前までに申請する必要があります。

とはいえ、ちょっと注意すれば問題ありません。

詳しいやり方はこちらの記事でも紹介していますので、参考にされてください。

再開についてもともに休会の場合はマイページから簡単にできます。退会した場合はアカウントから登録することになるので、再開の可能性がある方は休会がおすすめです。

【まとめ】QQキッズとハッチリンクジュニア比較|どちらがいいか

我が家の場合はQQキッズが向いていました。

その大きな理由は、子供がタッチペンで画面を操作できるシステム(Classroom)がよかったこと、テキストよりもおしゃべりやゲームが好きな娘に合わせて進めてくれることです。

しかし、ハッチリンクジュニアはレッスンを楽しませてくれようとするいい先生が沢山います。

ご家庭、お子さんの性格によって合う合わないがあるかと思います。

なので、ちょっとでも迷う人は両方無料体験(ともに2回)できるので試してみてください。

\無料体験レッスンの申し込みはこちら/

※2回分無料で受けられます

\無料体験レッスンの申し込みはこちら/

※2回分無料で受けられます

また、すでに始めている人も、ちょっとでも不安や不満のある方は、もう一方も試してみてください。

簡単に乗り換えたり、もどったりできるのが、オンライン英会話のいいところなので気楽にはじめてみましょう!

他の子供向けのオンライン英会話のおすすめも見てから決めたい方はこちらも参考にされてください。

お子様に合うオンライン英会話がみつかりますように。

キキ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

名前:キキ

■概要
少年(たまに少女)の心を持った40代女性。
3歳と5歳の姉妹の育児中。
数々の転職をしながら現在は、営業部署にてワーママ奮闘中。
家庭も仕事も遊びも全部満喫したい欲張りおばちゃん。
詳しくはこちら

目次