楽天モバイル既存ユーザは安いスーパーホーダイにプラン変更すべきかどうか考えた【そのままにすることに】

こんにちは!KIKIです。

数年前から、大手キャリアから乗り換えて、楽天モバイルを利用しています。私が楽天モバイルに加入したころの料金プランは「組み合わせプラン」のみでした。ところが数年たち今(2019年7月現在)は、「スーパーホーダイ」とういプランができていて、公式サイトの情報では、8割以上のユーザがこちらのプランにしているとのことでした。

そこで組み合わせプランの私もスーパーホーダイに変えるべきかどうか考えてみました。

目次

組み合わせプランとスーパーホーダイについて

組み合わせプランについて

組み合わせプランはデータ通信量ごとに料金体系が変わります。

出典:楽天モバイル

例えば3.1GBプランだと、3.1GBの通信量を超えるとそれ以降は最大200kbpsになってしまいます。(動画などはほぼみれないと言っていいです。)

また、電話料金は別途かかります。そのためよく電話かける人は楽天でんわ10分かけ放題(850円/月)を契約することが多いです。

スーパーホーダイについて

スーパーホーダイのほうは4つのプランがあり高速データ通信量を選択できます。

組み合わせプランと大きく違うのは、高速データ通信量を使い切ったあとの速度が最大1mbps(動画もみられる)となっていることです。さらに10分以内の国内電話かけ放題もついています。

ただ、2年契約と3年契約があったり、楽天カードだと2年間500円割引だったり、ダイヤモンド会員の月は500円割引(1年間のみ)だったり、ちょっと料金体系は複雑です。

10分かけ放題がついていたり、楽天カードのダイヤモンド会員だと安かったり何かとてもよい感じが伝わってきますが、実際、組み合わせプランとどっちがいいのかすぐにはわかりませんでしたー。

多分人によって絶対スーパーホーダイにしたほうがいい人とそうでもない人がいるんだろうなぁと思います。

現在の契約(組み合わせプラン)をスーパーホーダイに変えたときどうなるか

さてでは私の場合どうなるのか見ていきたいと思います。

組み合わせプランの場合

現在の契約は下記のとおりです。

・組み合わせプラン 通信SIM 3.1GBプラン 税抜1600円/月

そのほか私のスマホの使用状況です

・家も職場もWi-Fi環境があり、外出中や通勤中のみ通信を使う。そのため3.1GBのうち毎月2GB以上繰り越している

・電話もほとんどしない(LINEなど無料通話を使用)。楽天でんわを利用して月に使っても、100円~300円です。(このほとんどは子どもの保育園との連絡で使っています)

そのため月額料金は込み込みで

【組み合わせプランでの月額(3.1GBプラン)】
1,800円

※かけ放題がついていない、データ用データ容量オーバーしたあとの速度が最大最大200kbpsと遅い

キャリア時代に比べると1/4くらいにはなっています。かなり家計が助かっています。

これをスーパーホーダイに変えるとどうなるか検証してみます。

スーパーホーダイの場合

私の場合毎月1GBも通信量を使っていない状況なので、高速データ通信量は2GBのプランSを選びます。

次に最低利用期間は1年、2年、3年とあります。それぞれ最低利用期間中に解約すると9,800円の違約金がかかりますが、長期割というものがあり最低利用期間2年は最初の2年間毎月500円割引、3年は最初の2年間毎月1000円割引になります。

しかし、長期割はかなり大きな割引なのですが、残念なことに組み合わせプランからの変更の人には適用されません。(ここ要注意です)

長期割が適用されないので、最低利用期間は1年を選んだ方がよさそうです。

出典:楽天モバイル

電話は10分かけ放題がついているので、プラス料金はありません。また、仮に最初の1年間ずっと楽天カードがダイヤモンド会員だったとする(500円/月割引)します。

すると月額はこうなります。

【スーパーホーダイでの想定月額】
・1年目 1,980円(ダイヤモンド会員割引500円)
・2年目以降 2,480円

※ただし10分かけ放題つき かつ データ容量オーバーしたあとの速度が最大1mbpsとそこそこはやい

組み合わせプランとスーパーホーダイの差額は?

【組み合わせプランでの月額(3.1GBプラン)】
1,800円

※かけ放題がついていない、データ用データ容量オーバーしたあとの速度が最大最大200kbpsと遅い

【スーパーホーダイでの想定月額】
・1年目 1,980円(ダイヤモンド会員割引500円)
・2年目以降 2,480円

※ただし10分かけ放題つき かつ データ容量オーバーしたあとの速度が最大1mbpsとそこそこはやい

すでにスーパーホーダイにすると値段があがってしまうことはわかりますが、見ていきたいと思います。
★1年未満(たとえば11ヶ月)で辞めた場合
 【組み合わせプラン(3.1GBプラン)】1,800円×11ヶ月=19,800円
 【スーパーホーダイ(2GBプラン)】1,980円×11ヶ月+9,800円=31,580円
総額は11,780円もスーパーホーダイのほうが高くなってしまいます。私のような使い方で短期で使う人はスーパーホーダイにしないほうがいいと言えます。
★3年の場合
 【組み合わせプラン(3.1GBプラン)】1,800円×36ヶ月=64,800円
 【スーパーホーダイ(2GBプラン)】1,980円×12ヶ月+2,480円×24ヶ月円=83,280円
総額は、スーパーホーダイにしてしまうと、18,480円多く払うことになります。
この先はどんどん金額の差が開いていきます。。。

結論!

電話もほとんど使わない、Wi-fi環境でネットを使うことが多くてかつ現状組み合わせプランの人はスーパーホーダイにすると損をしてしまうことがある
というのかいいことがわかりました!
なんとなくわかってはいましたが。。。
これが長期割が使えると話はかわってくるかなとおもうのですが。。。
最後に

あまりデータ通信量も使わず、電話もしない場合、組み合わせプランのままにしておいたほうがいい人もいるよーというお話でした。

この後私もデータ通信量を使うようになったり電話をたくさんするようになったら、また考えなくてはいけないかもしれません。

それまでは組み合わせプランのままで行こうと思います。

 

KIKI

 

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

名前:KIKI

■概要
少年(たまに少女)の心を持った40代歳女性。
1歳と4歳の姉妹の育児中。
数々の転職をしながら現在は、テレビ関連の企画部署にてワーママ奮闘中。
家庭も仕事も遊びも全部満喫したい欲張りおばちゃん。
詳しくはこちら

目次
閉じる