【9月閉館決定】京急油壺マリンパークに1歳と3歳の子連れレビュー|大人も楽しい

京急の終点「三崎口」からバスで15分の場所に「京急油壺マリンパーク」があります。

小さいお子さんがいて、油壺マリンパーク行ってみようか検討されている方にはぜひおすすめしたいです。

都会の水族館とは違いゆったりしていてのんびり楽しめる水族館です。

広いので子どもが走ったりすることもできますし、小さい子むけの遊具もあります。

三浦半島は温泉があるし、野菜はおいしいし、いちご狩りや海など子どもが遊ぶところもたくさんあります。

今回、我が家はマホロバマインズ三浦に泊まり、その足で油壺マリンパークに行ってきました。

とても楽しめたので、すぐにまた行きたいね!と話しています。

また、小さいお子さんがいる家庭にはマホロバマインズ三浦のベビールームもおすすめなので参考にしていただけるとうれしいです。

あわせて読みたい
マホロバマインズ三浦のベビールームがすごい!おすすめ|温泉・ふるさと納税でお得 1歳と3歳をつれて「マホロバマインズ三浦」の3世代ベビールームを楽しみました!ふるさと納税でめちゃくちゃ安くいけますよー!ママもゆっくり温泉でやすめます。
目次

京急油壺マリンパークとは

京急油壺マリンパークは神奈川県の三浦半島にあるテーマパークです。

車がなくても、京急の「三崎口駅」からバスでも行くことができます。

メインの水族館「魚の国」にはじまり、「あしか島」「ペンギン島」「いるかのプール」「かわうその森」etc、と施設が充実しており、生き物の数もすごいです。

またペンギンやイルカ、カワウソなどはかなり近くでゆっくりみることができます!

小さい子どもでも、のんびりみることのできる穴場スポットです。

次に料金です。

油壺マリンパークの入場料金(定価)

  • 高校生以上 1,800円
  • 中学生   1,300円
  • 小学生   900円
  • 幼児    500円

油壺マリンパークに1歳と3歳の子連れで行ってみた【レビュー】

我が家は1歳と3歳の姉妹と夫と私の4人家族です。

この4人で行ってきました。

油壺マリンパークへようこそ

水族館の入り口では、大きな看板の写真スポットがあります。

こちらはチンアナゴの水槽です。長女はチンアナゴが大好き♪

ちんあなごの水槽

外にいくと遊具があって走り回りました。

パーク内はこのようになっていて広いです。

油壺マリンパークのマップ

外にいるカワウソやイルカも貸し切り状態でゆっくり見ることができました。

油壺のかわうそ

色々なパフォーマンスも用意されています。

ショータイムの詳細はこちら。

いろいろなパフォーマンスをやっていますが、大人の私が気に入ったのは、水族館の中で開催された「魚のパフォーマンス」です。

このお魚めちゃくちゃ頭がいいんです。

動画をUPされている方がいたので貼っておきます。

実際に行くことができない方はこちらをご覧ください。ほんとすごいです。

小さい子用のものは遊具だけでなく併設されているレストランにも子どもメニューがあるので安心です。

離乳食はないので、準備をしていってください。

また授乳室も用意されています。(売店の外側です。)

公式サイトなどのクーポンを利用しよう

公式サイトにも割引券があります。

高校生以上が1,600円なので、割引率は11%です。

また、近くのホテルに宿泊されている場合は、フロントに安くなるクーポンがあったりするので聞いてみてください。

今回我が家が宿泊した「マホロバマインズ三浦」にもちゃんと置いてありました!

マホロバマインズの宿泊記録はこちらを参照されてください。

あわせて読みたい
マホロバマインズ三浦のベビールームがすごい!おすすめ|温泉・ふるさと納税でお得 1歳と3歳をつれて「マホロバマインズ三浦」の3世代ベビールームを楽しみました!ふるさと納税でめちゃくちゃ安くいけますよー!ママもゆっくり温泉でやすめます。

まとめ【京急油壺マリンパークに1歳と3歳で楽しんだレビュー】

さて京急油壺マリンパークの小さいお子さん連れにおすすめな点をまとめます。

  • ゆったりしているので子どもが走りまわれて楽しい(遊具もある)
  • 魚や動物の数が多く、近くで見られる
  • 子どもメニューや授乳室など小さい子どもがいても快適
  • クーポンを使うとかなり安い
  • 大人も楽しめる展示物

とーってもおすすめなので行ってみてくださいね。

我が家も頑張ってまたいくぞーーー!!!

KIKI

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

名前:KIKI

■概要
少年(たまに少女)の心を持った40代歳女性。
1歳と4歳の姉妹の育児中。
数々の転職をしながら現在は、テレビ関連の企画部署にてワーママ奮闘中。
家庭も仕事も遊びも全部満喫したい欲張りおばちゃん。
詳しくはこちら

目次
閉じる